News

2020 8 21


本日は料理体験の試食会でした🍝👍
その名も。。
「元和食料理人がつくる!鮎のアンチョビ香るトマトソース&ほうれん草の練りこみ米粉パスタ」

《フードロスを削減しよう!》
《地元の逸材を見つけよう》
がテーマです。

市場に出まわらない二級品のトマトやほうれん草を使用。見た目が悪くても味は変わらずおいしい❣️むしろ熟されていて、おいしかったー。
すべて曽爾村で生産された地場野菜。
鮎も米粉もトッピング用のお野菜も。
粘着力がなかなかない米粉も、小麦粉は一切つかわないグルテンフリーです。

さらに、この日は特別サービスで
チーズがとろけるライスコロッケ(ケチャップも2種類使い分けてすべて手作り❗️)と、ナポリタンを用意してくれました👏👏✨
ライスコロッケは、BIG SIZE!!
もうこれがまた完璧で、愛情がいーーっぱい!
パスタも見た目では分かりにくいが、
素材の仕込みかたや熱し方がちがい
まったくの別物!和食のきめ細やかさや彩りが応用されているようです。

おっちゃんかっこいい。。✨

ナポリタンもライスコロッケも
商品化してほしい…..

この料理をつくってくれた
辻さんは、なんと普段は曽爾のガソリンスタンドのおっちゃん(別名マーティン)🙄🙄😲🙄😲🙄
紹介をたどりにたどり、
こんな所に逸材がおりました🤤🤩笑笑

こうやって毎日使っていたり通り過ぎてる村の中に隠れている技ありさんを発掘し、
おっちゃんおばちゃん達と和気あいあい
あれよこれよと話しながら
共同でレシピや体験を開発しています。

曽爾村が大好きな地元のみなさんと
曽爾村への愛が全力な事務局スタッフ。
村全体で盛り上がっていこうという動きが曽爾村にはあります。だから関係者からまずは体感し、一人でも多くの方に取り組みを知ってもらい、曽爾村を好きになってもらい、そにのわが広がっていくことを願っています。